手術しないで背中ニキビ跡を治す方法

◆手術しないで背中ニキビ跡を治す方法

研究結果によると若年成人は、ティーンエイジャーより背中ニキビ跡を取りたいと夢中になっていることが分かりました。 そして、背中ニキビの治療が成功するといったことも事実です。 しかし、彼らを混乱させているのは背中ニキビ跡を消すための治療方法です。

悲しいことに大人は、背中ニキビ跡を取り除くための治療方法にしたがうことを躊躇することです。 これにはいろんな理由があります。

主な理由はトラウマです。 大人は本当に背中ニキビをなくすことをガマンしてきました。 そして、背中ニキビの治療に効果があると思っていないのです。 背中ニキビ跡を消すには

他の理由として、 本当に背中ニキビや背中ニキビ跡を消すには手術が必要だと思っています。 そして、レーザー治療や美容整形には高額な費用がかかると考えています。

しかし、背中ニキビの治療を恐れたり躊躇するもう必要はありません。 手術より自宅での治療方法が誰にとっても賢明な選択なのです。

◆ニキビの種類(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ)

ニキビにも種類があり、症状も軽いものから重いものまであります。 ニキビについての正しい知識を持つことが大切です。

ニキビができる場所ですが、 毛穴の中です。 脂性肌の人は、男性ホルモンの増加や体質によって皮脂腺の働きが非常に盛んで、 分泌される皮脂が多くなっています。

この皮脂が毛穴からキレイに排出されれば問題ないのですが、 洗顔が十分でなく、 余分な皮脂がしっかり取り除かれなかったり、 化粧をすることで、 皮脂やアカなどで「毛穴が詰まる」状態になってしまうとニキビができやすくなります。 毛穴が詰まることを、毛穴が角化しているともいいます。

この皮脂やアカなどで毛穴が詰まった状態は、専門用語でコメドと呼ばれます。 一般的に黒ニキビ白ニキビと呼ばれています。

毛穴が開いて詰まった皮脂がアカが黒く見えるのが黒ニキビで、 毛穴が閉じて盛り上がって白く見えるのが白ニキビです。

こうした黒ニキビや白ニキビを放置していると、 詰まった皮脂やアカにアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまいます。 これが赤く腫れたような赤ニキビの状態です。

この赤ニキビを放置していると炎症がひどくなって、 周囲の組織にまで炎症が広がることもあります。 また、赤みが気になってニキビをつぶすと、 組織が傷ついてしまいます。