ジェルは背中ニキビの解決手段になるか?

◆ジェルは背中ニキビの解決手段になるか?

背中にきびは、大人とティーンエイジャーにとって最も一般的な問題のうちの1つです。 もし適切に扱われないならば、それは身体的に傷ができるだけでなく感情的な問題にもなります。 背中にきびの治療は、それぞれの皮膚のタイプにより違います。 なぜなら、それぞれの人の肌は異なるからです。 ある人にとって良い結果となった治療法が、他に人にとっては皮膚の状態を悪化されるといったこともあります。

あなたの皮膚が油性なのか、普通なのか、乾くのか、あるいは、 油性と乾燥が混在する体質なのかを知ることは非常に重要なことです。

ゲル類は、普通肌、油肌の人が使用してもよいのですが、肌に潤いを与えることはありません。 乾燥肌の人が使ったときは、さらに肌を乾燥させます。 これらのゲル類のいくつかは、肌に潤いを与えているグリセリンとジメチコン(シリコーンオイルの一種)を含みます。 ゲル類は、適度にひどいにきび非常に効果的であるということを証明されました。 それらは、皮膚の毛穴深くに作用して安全(有効性と寛容性)であると言われています。

いくつかのバイオスキン製品は、酵素を使用します。 酵素は死皮を溶かして毛穴をふさぐのを助けます。 活性剤は、細胞が増殖するのを助けます。なぜなら、背中にきびの傷害を癒しことを助けます。 そして、抗菌性物質は、細菌が増殖するのは防止します。 これらは、軽度から中度のにきびを治療するのに用いられます。

ゲル類は、毛穴の障害を除いて、破壊するのを減らすようになっています。 それらは、膿疱、稗粒腫とブラックヘッドニキビ(頭部が黒くなったにきび)に効きます。

毎日ゲル類を使って、毛穴が開くのを少なくしてほこりと油で毛穴が詰まるのを少なくします。 そして効果的ににきびを減らします。

大人が使用するゲル類には、硫黄、サリチル酸、チャノキ油、過酸化ベンゾイル、 ビタミンE、アロエヴェラ、亜鉛、その他の成分が含まれています。 そして、背中にきびのある人は、ラノリンと油を含む製品を避けなければなりません。

アロエヴェラのような天産物によるゲル類は、ハーブの製品より人気があります。 アロエヴェラは、多くの化粧用の製品(安全な成分として)で使われます。 アロエゲル類は汚染とちりから防御して、皮膚を保護するのを助けます。 それも古い傷跡を減らすのを助けます。 そして、刺激されて赤くはれた皮膚に鎮静効果があることで知られています。

ゲル類はもちろん唯一のにきび処置でありません。

そして、一部の人々がゲル類を大目に見ないか、ただゲル類を利用するのが好きでないということです。

乾燥肌にきくたくさんの背中にきび治療キット(ローション、肌に湿気を与えるクリームなど)があります。 それは、あなたの顔に明るさとやわらなかタッチを与えます。

これらの治療製品は、他の一般的なにきび治療品とは違いがあります。 それらは、あなたの体内で作用して、背中にきびが体外にでる原因となるホルモンを微調整します。